個人民事再生とは?

マイホームを失うことなく、借金を減額することができます!

個人民事再生とは?

個人民事再生とは、裁判所に申立てをして、借金の額を約5分の1に減額し、それを3~5年間で分割返済していく手続きです。任意整理で解決していくのは難しいが、自己破産は避けたい、とお考えの場合に適している手続きです。

個人民事再生には2つの手続きがあります。

個人民事再生手続には、小規模個人再生手続と給与所得者等再生手続の二つの手続があります。小規模個人民事再生手続きは、将来も継続的に収入を得ることが見込まれる方で、住宅ローンを除いた債務が5000万円を超えない方であれば誰でも申立することができますが、給与所得者等再生手続はこれらに加え、収入の変動の幅が小さいと見込まれる方が対象となります。
また、給与所得者等再生手続では、最低弁済額は可処分所得の2年分以上とされますので、所得が多い方は、小規模個人再生手続をしたほうが弁済額が少なくて済む場合もあります。
給与所得者等再生手続を利用できる方は小規模個人再生手続を選択することもできることから、実際には、給与所得者であっても、小規模個人再生を利用する方が多いようです。

どういう場合に個人民事再生ができるのか?

以下の場合に個人民事再生が適しています。

  1. 任意整理では、返済が困難だが、裁判所を介することによって、借金を大幅に減額すれば毎月の返済が可能な場合。
  2. 個人民事再生は、借金の理由を問わないため、ギャンブルや浪費により借金をした場合。自己破産の場合は、このような理由による場合は利用できない場合もある。
  3. マイホームがある方で、そのマイホームを残したまま借金を返済していきたい場合。
  4. 就いている職業によっては、自己破産すると職業制限や資格制限による影響があるため自己破産したくない場合。個人民事再生は、そのような制限はない。