過払い請求とは?

過払い請求とは?

まず、「過払い金」とは一言で言えば、「必要以上に貸金業者に支払ってしまったお金」のことを言います。ほとんどの貸金業者は以前、利息制限法所定の利率を超えて請求を行っていたため、本来であれば完済していたにもかかわらず、その請求に応じて債務者が返済を続けた結果、貸金業者に過剰に支払ってしまったお金のことをいいます。

過払い金が発生する仕組み

簡単に言えば、多くの貸金業者が設定していた利率と利息制限法で定めている利率に差があるためです。
利率を規定した法律には「利息制限法」と「出資法」の2つがありますが、多くの貸金業者は罰則がない「利息制限法」所定の利率(年15~20%)を超えて、罰則のある「出資法」の上限利率(年29.2%)までの範囲内(いわゆる「グレーゾーン」)での貸付けを行ってきました。しかし、その後、これらのグレーゾーン金利での貸付を違法とし、払いすぎたお金の返還を命じる判決が裁判所により相次いで出されるようになり、現在では、これらの払いすぎたお金(=過払い金)は当然に取り戻すことが認められるようになりました。

出資法上の上限利率

完済ずみの債務に対する過払い請求

完済ずみの債務に対しても過払い請求はできます。ブラックリストにも載りません。

すでに借金を返済してしまったお客様でも、完済日から10年が経過していなければ、過払い金返還請求ができます。また、完済案件に対して過払い請求を行っても、原則として、信用情報(いわゆる「ブラックリスト」)に載ることはないため、将来的のクレジットカードの利用や金融機関とのお取引などにも支障はありません。

「過払いが発生しているかを確かめてから委任したい」という方へ

ご自身で取引履歴を取り寄せ、引き直し計算のみを当事務所に依頼することもできます。

司法書士に債務整理を依頼すると、もし、借金が残っていればブラックリストに載ることになりますし、完済ずみの場合でも、過払い金が少なければ費用を掛けて委任する意味がない場合もあります。
これらのご要望にお答えするため、当事務所では、お客様が取り寄せた取引履歴の引き直し計算のみを1件5000円でお受けしております。
また、他の多くの事務所のように、「着手金」や「基本報酬」もないので、費用を無駄にすることがありません。さらに、正式に委任頂くことになった場合は、上記の引き直し費用は、委任後の報酬の一部に充当させて頂きます。

>詳細はこちら

過払い請求に迷っている時間はありません。今すぐ行いましょう!

時間が経てば経つほど取り戻しは困難になります。業者が破綻する前に請求しましょう。

ご存知のとおり、貸金業者の経営は日に日に厳しさを増しており、倒産寸前の業者も多々見受けられます。そのため、過払い金の返還にも素直に応じず、減額や支払い時期の繰り延べを主張してきています。今後もこの傾向はさらに強まると思われますし、貸金業者が倒産した場合などはたとえ財産があったとしても、せいぜい請求額の1割程度しか取り戻せない可能性も考えられます。
まさに、「過払い請求を先延ばしにしても、得をすることは何もない」ということです。